桜上水 歯医者 - 清水歯科医院

24時間ネット予約

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

03-3329-3490

〒156-0045 東京都世田谷区桜上水5-23-13 ラ・フォンターナ1F(京王線桜上水駅から徒歩1分)

親知らず

親知らず

親知らずとは?

親知らずとは?

親知らずは智歯とも呼ばれる、第3番目の大臼歯です。昔はきちんと生えてくるべき歯でしたが、現代人はあごの骨が小さくなっているため、生える場所がなくなってしまった一番奥の歯です。

その為、斜めに生えたり、歯茎に潜ったままきちんと生えてこなかったり、最初からその歯がなかったりします。

親知らずは上あごと下あごに2本ずつ、合計4本あります。18~24歳くらいで生えることが多いですが、個人差が大きく、かなり高齢になってから突然生えてくるケースもあります。

抜いたほうがよい親知らず

抜いたほうがよい親知らず

抜いたほうがよい親知らずは何かしらのトラブルを引き起こしているものです。特に、痛みや腫れを引き起こしているときは抜いた方がいいです。

親知らずが起こす痛みや腫れの原因は大きく分けて2つのケースがあります。

ひとつは、歯が生えてくる段階で、歯ぐきや周りの歯に負担をかけて炎症を引き起こす場合です。親知らずの周りの歯ぐきが痛むことがほとんどですが、噛み合うところの歯ぐきを噛んでしまうことで、親知らずから離れたところに痛みが出ることもあります。

もうひとつは、歯が生えた後、その周りに汚れが溜まりやすくなって虫歯ができたり、歯周病になったりする場合です。

親知らずは生える場所が足りず斜めに生えてくることが多いので、このようなことが多く起こります。この場合、親知らずの手前の奥歯を道連れに虫歯になるケースも多いので注意が必要です。

抜かなくてもよい親知らず

親知らずが生えてこないからといって、また生えたからといって、それが悪さをしなければ気にする必要はありません。なので、親知らずがきれいに真っ直ぐ生えていて、噛み合わせに問題がなく、歯磨きが上手にできていれば抜かなくても大丈夫な場合もあります。

抜歯後はこんなことに注意してください

  • 抜いたところを舐めたり吸ったりしないでください。
  • 当日は強くうがいしないでください。
  • お風呂は湯船で長湯しないでください。シャワーは大丈夫です。
  • 当日は運動や飲酒など、血圧が急に上がるようなことはしないでください。
  • 傷口を避ければ歯磨きしても大丈夫です。
  • 帰ってからも出血がある場合は、清潔なガーゼを丸めて噛んでください。30分以内には収まる。もし出血が止まらなければご連絡をお願いします。唾液に血が滲む程度なら大丈夫です。
  • 鎮痛薬をお出ししますが、飲んでみて気持ち悪い・動悸がするなど、お薬が合わなかった場合は服用をやめ、ご連絡をください。
ページトップへ