桜上水 歯医者 - 清水歯科医院

24時間ネット予約

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

03-3329-3490

〒156-0045 東京都世田谷区桜上水5-23-13 ラ・フォンターナ1F(京王線桜上水駅から徒歩1分)

顎関節症

顎関節症

顎関節症の症状とは?

顎関節の動きは、噛み合わせや、あごの筋肉の動きに不調和がでるとおかしくなり、顎関節症という状態になることがあります。

顎関節症の症状はこのようなものがあります。

  • 口を開けるときに音が鳴る
  • 口を開けづらい
  • 口を開けたり閉じたりするときに痛みがある

ひどくなってしまうと口がほとんど開かなくなってしまうこともあります。

顎関節症の原因

顎関節症の原因

顎関節症の原因は複雑で様々なものがありますが、上下の歯の噛み合わせのアンバランスさ、噛む力のかかる方向や大きさなどが不適切な場合が多いようです。

口の中に原因があることもあります。抜けた歯があるのに放置したり、虫歯や歯周病を治療しないままでいると、知らず知らずに噛み方や上下の歯の噛み合わせのバランスが変化して、顎関節に負担をかけることになります。

また、取れた歯の被せ物をそのままにしておいたり、壊れた入れ歯を無理やり使い続けた場合も同じことがいえます。口の中に原因があるときには、きちんと根本の病気の治療をすることが必要です。当院では全体的な検査の上で、顎関節症の診断をし、適切な治療をさせていただきます。

顎関節症の治療方法

まず、痛みの程度により鎮痛薬を服用してもらい、関節内の炎症を鎮めます。

そして、スプリントといわれるプラスチックの板を歯列全体にかぶせる装置を作り、装着していただく治療を行います。スプリントをつけることで、噛みしめ時の顎関節の負担を軽減します。

このほか、マイオモニターという治療器で、痛くない程度に電気刺激を行うこともあります。これには顎関節周囲の筋肉の血行を良くし、コリをほぐす作用があります。

自分でできる対処方法

自分でできる対処方法

一番大切なことは、顎関節に負担をかけないということです。フランスパンやビーフジャーキー、タコ、イカなどの硬い食品や大きな食品はなるべく避けるようにしてください。

格闘技などの運動時に歯を噛みしめたり、フルートなどの管楽器の演奏、顎で楽器を挟むバイオリン演奏などの習慣がある場合も要注意です。できる限り控えることが大切でしょう。

あごの動かし方が悪くて顎関節症が起こることもあります。頬杖をつきながら何かを食べる、片噛みの癖がある、アゴをカクカクさせる習慣がある、寝ている間に歯軋りしていると指摘されたことがある、などの場合は自分でも気をつけるようにしてください。

ご自分の手で筋肉をマッサージしたり、温湿布で血行をよくするなどの理学療法も効果的です。やり方は当院にてご指導致します。あごに負担のかからない生活を心がけましょう。

ページトップへ