桜上水 歯医者 - 清水歯科医院

24時間ネット予約

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

03-3329-3490

〒156-0045 東京都世田谷区桜上水5-23-13 ラ・フォンターナ1F(京王線桜上水駅から徒歩1分)

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは

睡眠時無呼吸症候群

寝ている間に何回も呼吸が止まる病気です。

喉周辺の空気の通り道である気道が塞がり、呼吸ができない状態になります。

日本呼吸器学会によると、成人男性の約3~7%、女性の約2~5%にみられ、男性では40歳~50歳代が半数以上を占める一方で、女性では閉経後に増加する傾向にあるようです。

「何度も呼吸が止まる」というと恐ろしく感じられ、まさか自分は大丈夫だろうと思いますが、習慣的に大きないびきをかく人は要注意です。いびきは気道が狭くなり発生する呼吸音なので、睡眠時無呼吸症候群である可能性が高くなります。

主な症状

主な症状

睡眠時無呼吸症候群の主症状は、眠っている間に呼吸が止まる、大きないびきをするというものですが、症状はそれだけではありません。夜間熟睡できていないことにより、日中の眠気、夜間の頻尿、起床時の頭痛など、さまざまな症状が出てきます。

また、日中の眠気が原因で、勉強や仕事の作業効率が落ちたり、居眠り運転などの交通事故、労働災害を引き起こす危険性もあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因

原因は、空気の通り道である気道が狭くなることにあります。狭くなる原因はさまざまですが、肥満体型ですと、首まわりの脂肪の沈着が多くなり、気道が狭くなりやすいです。

また肥満でなくても、扁桃肥大、大きい舌や、鼻炎・鼻中隔弯曲といった鼻の病気、異常に後退しているあごや小さいあごも、気道を狭くする原因となります。

治療が遅れると生活習慣病を引き起こすこともあります

治療が遅れると

睡眠時無呼吸症候群は年単位で放置しておくと、生活習慣病と密接な関わりが出てくると言われています。

具体的には、高血圧や狭心症、心筋梗塞、脳血管障害などの心臓血管系障害や、糖尿病との関わりが指摘されています。

つまり、放置すると大変危険な病気です。もともとの持病を悪化させることもあるので、こうした病気のある方は特に早めの治療が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法は?

治療法は、検査結果により主に①CPAP(シーパップ。持続的に空気を送り込むための、鼻につけるマスク)、②マウスピースなどによる治療となります。

当院では、効果的で長期にわたり使用していただけるようなマウスピースを作製させていただきます。

睡眠時無呼吸症候群の治療に使用されるマウスピースは、下あごが上あごに比べて少し前方にでるように作ります。そうすることで気道を広げ、いびきや無呼吸の軽減・消失が期待できます。軽~中等症の患者さんに有効な治療法です。

また、扁桃肥大や鼻炎などの疾患が原因での睡眠時無呼吸症候群の場合は、もともとの疾患の治療が必要になります。

肥満が原因の場合は減量することで無呼吸の程度が軽減することが多いので、生活習慣の改善を心がけることが重要です。

ページトップへ