桜上水 歯医者 - 清水歯科医院

24時間ネット予約

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

03-3329-3490

〒156-0045 東京都世田谷区桜上水5-23-13 ラ・フォンターナ1F(京王線桜上水駅から徒歩1分)

歯周病治療

歯周病治療

歯周病の原因とは?

歯周病の原因とは?

歯周病は昔、歯槽膿漏とも呼ばれていました。虫歯のように歯を壊すのではなく、歯の周囲にある、歯を支える構造を壊していく病気になります。

歯周病の原因は細菌の固まりであるプラークと、それが唾液などの成分を吸って、石のように固くなって歯の表面に張り付いている歯石です。

土台の支えを失った歯は何かの拍子に抜けてしまいます。硬いものを噛もうとしたり、舌で強く押したりした衝撃で、グラグラ揺れていた歯がポロッと抜けてしまうのです。

歯周病と全身疾患の密接な関係

また、全身疾患によって歯周病が進行することは以前から言われていましたが、歯周病が全身に悪影響を及ぼすことも知られてきました。例えば、メタボリックシンドロームや糖尿病、脳梗塞、心臓疾患、早産などが有名です。

歯肉炎と歯周炎の違い

歯周病の原因とは?

歯周病は、歯肉炎歯周炎に分けられます。炎症の激しさではなく、炎症の範囲によって区別されています。

歯と歯ぐきのすき間には細菌などの異物の侵入を防ぐしくみがありますが、歯磨きをしないで歯の表面にプラークや歯石が溜まると、そのしくみでは処理しきれなくなり、歯ぐきに炎症が起こってきます。これが歯肉炎の状態です。

歯ぐきが赤く腫れぼったくなったり、血が出たりします。

この状態をそのままにしておくと、歯と歯茎の間のすき間が深くなり、歯周ポケットという亀裂ができてきます。ここは細菌が住み着くのに都合の良い場所なので、ポケットができると炎症は歯肉内部に広がっていきます。

歯の根っこに刺激が伝わりやすくなるので、しみる感じがし始めたりします。

炎症がさらに進むと、歯肉だけではなくセメント質や歯根膜、歯槽骨という、歯を支えるための組織にも炎症が及びます。この状態を歯周炎と呼びます。

この頃には歯ぐきが痩せて退縮し、歯の根っこが露出して見えるようになったり、膿が出て口臭がひどくなったりします。そして歯がぐらつきだし、最後には抜けてしまいます。

当院の歯周病の治療の流れ

①カウンセリング

現在の口腔内の状態や気になる症状のほか、持病の有無や生活習慣についておうかがいします。

②口腔内診査

プラークの染色検査やX線検査、歯周ポケットの深さの測定、歯の動揺度の検査、噛み合わせの異常を調べる検査などを行います。

③治療計画の立案

カウンセリングと診査をもとに、患者さんひとりひとりに合った治療法を立案します。

④ブラッシング指導

毎日の歯磨きが歯周病の最大の予防になります。ご自分の歯の形や歯並び、歯周組織の状態に合わせたプラークコントロールを指導させていただきます。

⑤治療

まずプラーク・歯石の除去と歯ぐきや歯周ポケットの治療などの基本治療を行います。それでも歯周組織の改善が見られない場合は、歯周外科手術を行います。

⑥メンテナンス

再度検査を行い、治療効果の判定をします。その後、再発防止のためのメンテナンスとして、定期的にチェックを受けていただきます。

ページトップへ