桜上水 歯医者 - 清水歯科医院

24時間ネット予約

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

03-3329-3490

〒156-0045 東京都世田谷区桜上水5-23-13 ラ・フォンターナ1F(京王線桜上水駅から徒歩1分)

無痛治療

無痛治療

無痛治療について

歯の治療には痛いというイメージがあります。必要に応じて麻酔を使用しますが、その麻酔の注射にも痛みが伴うため、それが嫌でどうしても足が遠のいてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では、患者さんのお気持ちをできる限り尊重し、苦痛を感じることのないよう最大限配慮した無痛治療を心がけています。無痛治療は痛みだけでなく、体への負担もできるだけ少なくする治療です。

不必要に麻酔を使われたくない、麻酔による副作用が気になるという方にも合った治療になります。

当院における無痛治療の具体的な取り組みについて説明します。

痛みを少なくするために

表面麻酔

表面麻酔

歯科治療では注射の麻酔がポピュラーに使用されます。

注射針を刺した時の痛みを極力少なくするため、当院では歯茎に塗る表面麻酔を使用しています。

細い針の注射器

極めて細い注射針を使うことで、針を刺されたときの痛みを軽減しています。

また、細い針で麻酔液を注入する速度を落とすことで、刺された後も痛みが感じにくくなります。

麻酔が十分に効いてからの治療

最低限の麻酔薬量で確実に麻酔を効かせ、その後の治療に痛みが出ないようにします。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

薬剤を点滴して、リラックスした状態にする麻酔法です。完全に意識がなくなるわけではなく、ボーッとした状態にして不安や恐怖心を薄れさせられます。

うたた寝しているような心地よい気分で治療を受けられ、また、治療後は治療のことをほとんど覚えていません。

怖いという気持ちに寄り添う治療を

怖いという気持ちに寄り添う治療を

痛いのが怖いという気持ちが原因で通院が嫌になり、クリニックから足が遠のいてしまうこともあると思います。これは当たり前のことです。

しかし、お口の健康をしっかり維持するためには、クリニックと患者さんが協力して、一緒に治療をしていく必要があります。

治療は「悪いところが治ればよい」というものではなく、患者さんの怖いという気持ちに寄り添い、そこに可能な限り配慮することが大切だと考えます。患者さんがなるべく笑顔で、いい気持ちで治療に参加していただけるよう、精一杯努力してまいります。

ページトップへ